世界中にはありとあらゆるお酒があります。そんな中でも、今世界的に高い注目をあつめているもののひとつが日本酒です。その名の通り、日本で古くから飲まれているお酒の代表格です。
現在、日本ではビールやウイスキー、ワイン、焼酎などさまざまなお酒を楽しむことができますが、やはり日本酒が一番好きという方も多いのではないでしょうか。
一昔前までは焼酎やワインブームに押される形で、やや存在感が薄れていましたが、近年、世界的な注目を集めるようになった影響もあり、若い世代の方を中心にちょっとしたブームになりつつあります。
そんな日本酒ですが、もっとおいしく飲むにはやはり、ぴったりとマッチする食べ物が必要でしょう。
では、日本酒はどんな食べ物に合うのでしょうか?

日本酒はやっぱり和食に合う?生ものとの相性は抜群!

日本のお酒ですので、当然和食にはとても合います。特に、お刺身などの生ものとの相性がとてもいいことで知られています。日本では昔から魚介類を生で食べる文化があります。日本人にとってはおなじみのお刺身ですが、種類によっては生臭さを感じてしまうこともあります。

ワインなどの果実酒と一緒に、生の魚介類を食べると、その生臭さが強調されるケースもあり、これが海外で生ものが嫌われる原因になっているともいわれています。
それに対して日本酒の場合、臭みを消してくれる効果があります。その上、魚介類のうまみを際立たせてくれますので、和食、特に生ものには日本酒がとても合うのです。
もちろん、今や世界的に知られる日本を代表するグルメとなっているお寿司との相性も抜群。嫌な臭みをしっかりと抑えながら、本来のうまみを際立たせてくれますので、もっとおいしく感じることができるでしょう。

日本酒は案外油っぽい料理にもマッチする?


日本食はあっさりとしたものが多いイメージがあります。日本酒はそんな和食に合うことから、逆に油っぽい料理には合わないと思われがちです。
しかし、日本酒は他のお酒と比較すると、すっきりとした味わいや自然な甘みを特徴としています。それほどクセの強いお酒ではありませんので、当然肉料理や、油っぽい料理にもマッチするのです。
実際に、中華料理や焼き肉などと一緒に日本酒を楽しんでいる方も少なくありません。

今、世界的に高い注目を集めている日本酒は、さまざまな食べ物にマッチするお酒です。ここでご紹介した他にも、いろんな食べ物と一緒に楽しむことができますので、いろいろとためしてみませんか?