お酒が好きな方であれば、どのようにお酒が造られているのかを見たい……そんなことを考えてしまうのではないでしょうか?毎日のように、その味を楽しんでいるものの、その作り方はまったく知らない、という方も少なくありません。
そこで、実際にお酒を造っているところを見学することのできる酒造場も少なくありません。どのように作られているのかを知ることができれば、もっとお酒をおいしく楽しむことができるかもしれません。

そこで、ここではそんな酒造場の中でも、ただ見学するだけでなく試飲まで可能なところをご紹介したいと思います。
お酒が作られているところを見ると、やっぱり飲みたくなってしまうのがお酒好きの性です。あなたも、酒造場見学と同時に試飲を楽しんでみてはいかがでしょうか?

10種類もの日本酒の試飲ができる越後ゆきくら館

まずは、日本を代表する酒所として知られる新潟県です。重要文化財にも指定されている目黒邸の当主によって創業された玉川酒造で、酒作りの行程や、使われる道具などの説明を受けながら見学を楽しむことができます。
ここの一番の目玉はこの地域ならではの雪を特殊なシートによって覆って作った雪中貯蔵庫です。その中では年間を通して大吟醸を低温熟成されています。

こちらでは、なんと10種類もの日本酒を無料で試飲することができるようになっています。時期によって銘柄などはことなっていますが、いろんな日本酒を飲み比べてみたいという方にはおすすめです。
また、販売コーナーも設けられていますので試飲して気に入った日本酒をその場で買ってかえることもできます。日本酒好きな方であれば、必ず満足することのできるスポットといえるでしょう。

老舗酒造所のこだわりのお酒造りを見学できる鹿野酒造


石川県の鹿野酒造は、なんと文政2年(1819年)から続く老舗の酒造所です。自社で栽培している酒米と、白山の伏流名水によって作られる日本酒はまさに絶品です。
そんな伝統の酒造所の酒造りを見学することができるので、日本酒好きであればまたまりません。時期は冬季の11月から3月までの期間限定となっています。
もちろん、試飲も可能。さらにその場で購入することもできるようになっていますので、老舗の味を家でもじっくり味わうことができます。

お酒好きであれば、一度は酒造所見学に行ってみたい!そんな方も多いでしょう。せっかく見学にいくのであれば、ここでご紹介したような試飲も楽しめる場所をチョイスしてみてはいかがでしょうか?